FAQ

予約が行われた際にslackに通知を送る方法

ソケット通信管理を利用すると、ユーザーが予約を行った際にslackに通知をおくることができます。
このページでは、その設定手順を説明します。

slack appの作成と設定

アプリの作成

slackのアプリ管理にログインして、新しいアプリを作成してください。
「Create an App」をクリックすると、アプリの作成が開始します。

作成方法の選択において「From scratch」を選択してください。

アプリケーション名(分かりやすい名称をつけていただいて大丈夫です)と通知を行うslackワークスペースを入力し、「Create App」をクリックしてください。

アプリの権限設定

アプリの作成が完了したら、そのアプリの権限を付与します。Add features and functionalityから「Permissions」を選択してください。

表示された画面で、botによる投稿権限の許可を行います。Bot Token Scopesの「Add an OAuth Scope」をクリックしてください。

表示されたプルダウンにおいて「chat:write」を選択します。

ここまでの操作が完了すると、以下のようにchat:write権限が付与されます。

アプリとワークスペースの連携

続いて、slackワークスペースに作成したアプリをインストールします。サイドメニューの「OAuth & Permissions」より「Install to Workspace」をクリックしてください。

連携の許可を求められたら、「許可する」をクリックしてください。

アプリのトークン取得

許可をすると、slackワークスペースにアプリがインストールされ、API実行用のTokenが発行されます。このTokenはのちほど使います。

 

 

slackチャンネルの設定を行う

チャンネルへのアプリ追加

アプリの作成が完了したら、slackのチャンネルにアプリより投稿できるように設定します。投稿するチャンネルを開き、上部のチャンネル名をクリックしてください。

インテグレーションタブより、「アプリを追加する」をクリックしてください。

表示された画面において、作成したアプリを検索して「追加」をクリックしてください。

以上で、アプリよりチャンネルに投稿ができるようになります。

チャンネルID取得

また、チャンネル情報下部のチャンネルIDを後ほど使用します。

ecforce checkのソケット通信設定を行う

ここまで完了すると、slack側の設定はすべて完了になります。続いて、ecforce checkのソケット通信管理にslackのchat.postMessage APIを実行する設定を追加します。設定内容は以下のとおりです。

接続先URL https://slack.com/api/chat.postMessage
通知方式 POST
通知内容タイプ フォーム
通知内容 下記のパラメータを画像のようにキーと値のペアを&で繋げた形式で記述
token アプリのトークン取得 で取得したslackのBot User OAuth Token
channel チャンネルID取得 で取得したslackのchannel ID
text slackに投稿するテキスト

以上の設定を行うと、ユーザーによる予約完了時にslackで通知されます。

この記事の目次

このセクションの記事

FAQ